通勤・通学にも便利な場所の不動産を購入しよう!

男性

リフォーム済みの家の購入

婦人

住宅検査を入れる事

鎌倉は古い物件などが多い場所で、現在では不動産会社がフルリフォームをしてリフォーム済物件として売りに出す事が増えているようです。鎌倉の中古の一戸建てを購入するのは新築の物件より立地などが良い場合が多く、買主側としてもメリットがあります。リフォーム済みの物件は既に綺麗にしてあるのだからと住宅検査を入れない買主もいますが、表面はリフォームで綺麗になっていても、目の届かない隠れた場所までは費用がかかるので不動産会社でも手を付けない場合も多いです。一見問題がなさそうだからとそのまま購入して、住み始めてから不具合に気付いてしまったということのないように、住宅検査を入れるのがお勧めです。鎌倉にはかなり古い不動産物件もありますから念には念を入れるのが良いでしょう。住宅検査はリフォーム済みでも床下や天井裏などを点検口から調べられることは多いですし、既に行われたリフォーム品質も調べることが可能です。住宅検査で時々話題になるのが点検口のない住まいです。点検口がないということは見えない場所については調べるのがほぼ不可能ですから、このような物件は購入を考え直すのが良いでしょう。鎌倉に建つ古い不動産物件を購入しようと考えているのなら、どんな場合でもしっかり住宅検査をして大きな瑕疵がないかを確認してから購入するのをお勧めします。中古住宅は新築と比べて保障期間も短いですし、修理が必要な箇所も多いと考えられますから事前に手を打っておきましょう。